好きな映画を普通に紹介してみた #2:下妻物語

『下妻物語 (2004/日)』・・・茨城県の下妻という、ジャスコと田んぼくらいしかないド田舎を舞台に繰り広げられる、一見するとドタバタコメディな作品。原作は、嶽本野ばらの「ヤンキーちゃんとロリータちゃん」。監督は『嫌われ松子の一生』『告白』などを手がけた中島哲也。

表のテーマは、ロリータファッションが大好きな桃子(深田恭子)とコテコテな田舎ヤンキーのイチコ(土屋アンナ)という凸凹コンビの友情物語なんですが、裏のテーマは少し違っていて。

続きを読む

広告

好きな映画を普通に紹介してみた #1:ガタカ

今日は文化の日!ってことでもないですが…前回、雑に紹介できなかった(なんじゃそりゃ)映画が結構あるので、今回改めてご紹介。

『ガタカ (1997/米)』・・・「トゥルーマン・ショー」「ターミナル」「TIME/タイム」などを手がけたアンドリュー・ニコル監督のデビュー作。遺伝子の優劣で生まれながらにして階級が決まってしまうという、近未来の社会を舞台にしたヒューマンドラマ。

SFでありながら何処かレトロな世界観のなかで、現代社会も抱えている問題を描いているのが、アンドリュー・ニコルの特徴。…設定は奇抜だけど、根底にあるのは普遍的なテーマという。雰囲気的には、スタンリー・キューブリックの作品(2001年宇宙の旅など)を彷彿とさせる。

続きを読む

QUOD ERAT DEMONSTRANDUM ー証明終了。

最近、遅ればせながら「SPEC」というドラマにハマりまして。10年ほど前にやっていた「ケイゾク」というドラマの流れを汲んでいるんですが、このドラマには文字通り “スペック” という特殊能力を持った人間たちが登場します。例えば、漫画「ジョジョの奇妙な冒険」ばりに “時間を止める” 能力などなど。

…それで思ったんですが、よくSFとかで出てくる「光速に近い速度で動けば未来に行ける」という設定。アインシュタインの特殊相対性理論に基づく「双子のパラドックス」とか「ウラシマ効果」なんてのも有名ですが。

続きを読む

好きな映画を雑に紹介してみた #2

よく考えるとコレ、映画のキャッチコピーを考える様なものですね。雑に紹介なので、あえて分かりにくくしている所はありますが…。あんまり雑すぎて他の人に分かってもらえないのはイヤだけど、説明がかぶるのもイヤというw

…とは言え、確実に前編より雑さが増している気もしますがσ(^_^;)

 

続きを読む

好きな映画を雑に紹介してみた

最近、Twitterで「#好きな映画を雑に紹介する」というハッシュタグ(お題)が流行っていたので、そこで呟いたものを少しふくらませて、まとめてみました。

もともとマニアックな映画を雑に紹介したら、誰にも分からんだろというツッコミがありそうな気もしつつ…(いや、メジャーな映画も観ますよ、普通に) 続きを読む

The key to open the door is in your hand.

(…前編からの続き)

今はユニットとしての活動はしていなく、それぞれソロで活動しているんですが、梶さんの方はというとゲーム・アニメにとどまらず、映画(北野武『アキレスと亀』)やTV番組(NHK「歴史秘話ヒストリア」)など様々な舞台で活動をしています。

また、ヒストリアのテーマ曲を歌う “Kalafina” というユニット↓のプロデュースや、自身のライブ活動なども精力的に行ってます。

続きを読む

See-Saw-Seen

今日は、もう出会って10年にもなるアーティストの話。See-Sawという2人組のユニットで、vo.石川智晶(いしかわ ちあき)とkey.梶浦由記(かじうら ゆき)のコンビ。

最初のキッカケは、2002年に放映された「.hack//SIGN」というアニメで梶さんが作曲したBGM↓を聴いて、バイオリンの旋律が耳から離れなくなってしまったこと。

続きを読む

広告